身体表現性障害を理解しよう|治療のためには理解が重要

女性

心理的な障害

悩む男性

心療内科や精神科で行なわれている身体表現性障害の治療は、前向きな対処が取りやすくなるとして人気です。身体表現性障害を治すためには、医師の元で専門検査を受けて早目に病気の疑いを晴らすことが概して役立ちます。心理的問題との関わりに気付きやすくなることも、専門治療を受けることで得られる大きなメリットです。

Read More...

思い込みが生んだ病

笑顔の女性

身体表現性障害が医療業界では話題となっています。この診断名自体は明確なものではなく、いくつかの症状が合わさってできた単なる呼称です。治療法としては精神病と同じものですが、きちんと専門家にみてもらった上で正しい治療を続けることが大切です。

Read More...

外見には症状が出ない

カウンセリング

身体表現性障害とは外見からも病気の要因なるような異常がなく、検査しても身体疾患の要因がないにも関わらず長期間にわたり、痛みや吐き気などの身体的な症状を訴える病気のことを言います。30歳前の女性に多く、身体的症状の原因となる疾病が存在しないことを確認してもらい、薬物療法や精神療法で治療します。

Read More...

心から生まれる身体の痛み

花

ひとり苦しみ続ける患者

身体表現性障害は、激しい痛みなどの症状を訴えて検査を受けても身体は健常であるという特徴を示す病気です。身体表現性障害の治療には特有の難しさがともないます。というのも、患者本人は実際に我慢できないほどの苦痛を感じているのですが、それが数値など客観性のある結果に結びつかないためです。身体表現性障害は、身体の病気ではなく心の病気です。心の病気といってもいろいろあり、たとえばうつ病の場合には患者自身が自分の精神状態にひどく苦しんでいることが多いので、病院を受診して治療を受けることはさほど難しいことではありません。しかし身体表現性障害の場合には、まず患者自身が自分の心が病気であるという事実を認められなければ、治療を効果的に進めることができないのです。身体表現性障害の患者は、自分の病状がいかに深刻であるかを周囲の人々に何とか納得させたいと欲します。ところが周囲の人にしてみれば、患者の訴えている症状はいわば心の病気の影のような存在といえます。そのため、治療はまず患者を説得することから始める必要があります。

専門の医師に相談を

身体表現性障害の治療は、患者が少しずつ自分の状態を客観的にとらえられるように、心理療法を取り入れながら少しずつ行われます。身体表現性障害の患者によく見られる特徴として、家族や同僚・知人などが治療を受けることをすすめても聞き入れようとしないということがあります。患者としては自分に必要なのは身体の痛みの治療であり、精神面には何も異常なところはないと信じているためです。しかし患者が家族や知人などの言葉に耳を貸せなくなっている状態であっても、熟練した医師の言葉に対してはよい反応を示す場合があります。患者が精神科や心療内科での治療を受ける気持ちにさえなれれば症状の改善も早くなります。そうしたことから、身体表現性障害が疑われる人が身近にいる場合には、まず家族が病院に相談してみるなどして少しずつ受診する方向へと持って行くというやり方もあります。精神科や心療内科では、治療の前にメールなどによる問い合わせを受け付けているところもあるので、どのように患者に働きかけていけばよいか尋ねてみるとよいでしょう。

心の痛みが身体の痛みに

男の人

身体表現性障害は心の不安を解消できないときに、身体的な痛みなどとして現れてくるもののことを言います。治療法には、主にカウンセリングや薬物療法などがありますが、治療の成否は、経験豊富な病院選びがカギとなってきます。

Read More...

病気と付き合っていくには

医者

身体表現性障害は、病気ではないが身体的に様々な不調が表れる症状のことを言います。痛みや吐き気、痺れなど様々な症状がありますが女性に多く、思春期から30歳以下の若い世代に発症する人が多いです。治療には、まず原因を探ったうえで心理療法や行動認知療法を中心にポジティブな生き方を学びアドバイスを受けます。

Read More...