身体表現性障害を理解しよう|治療のためには理解が重要

男性
`

病気と付き合っていくには

医者

症状と診断

身体表現性障害というのは、病気が原因ではなく心因的なもので痛みや吐き気、痺れなどを感じる障害のことです。自分自身でその症状を抑えることも出来ないですし、それが日常生活に支障をきたしてしまうこともしばしばあります。身体表現性障害には様々な種類があり、苦痛が伴うことで仕事が続けられなくなったり精神安定剤を多用する疼痛性障害、身体に問題は無いはずなのに腕や足の痺れや麻痺、皮膚の異常などが感じられる転換性障害、吐き気や胃腸の不快感など色々な症状が数年に渡って出続ける身体化障害、病気にかかっていないのに自分では命の危険もあるような深刻な病気にかかっていると思い込んでしまう心気症、自分の見た目を極度に気にして不安になる身体醜形障害などがあります。背景に全く病気が無いものもあれば、他の精神疾患にかかっているタイプもあったりと人によっても様々ですが、一般的には男性よりも女性の方が発症しやすい傾向にあります。発症時期としては10代の思春期から30代になる前の若い世代に多くなっています。

原因を知る

身体表現性障害になる人というのは、もともと感覚が敏感な人で且つネガティブな考え方をしがちな人がなりやすい傾向にあります。他にも、心身ともに疲弊していたり大切な家族や身近な人との別れなど精神的ショックが大きいことでもそれがストレスになっていると認識できないと知らない間にストレスが溜まり、それが身体表現性障害として身体に症状が出ることがあります。治療では、心理療法や行動認知療法などが主に行われますが、薬物療法がおこなわれることもあります。治療では、どんなストレスがあって何が問題でどう不安に感じているのかを明らかにしたうえでその対処法やより生きやすくするためのアドバイスを行うのが一番大切です。体に何かしら不調を感じていてもそれが病気によるものではないので、治療を受けることですぐに良くなったり完治するわけではないですが、時間をかけてゆっくり治療を行っていくことが出来れば不安や苦痛も軽くなり、日常生活に支障をきたさず平穏に暮らしていくことも出来るようになります。