身体表現性障害を理解しよう|治療のためには理解が重要

男性
`

外見には症状が出ない

カウンセリング

生活に支障が出る

身体表現性障害とは外見からは異常が見られず、又検査結果も特に何かの疾病の兆候もないのにも関わらず長期にわたって痛みや吐き気などが存在する病気のことです。身体表現性障害の症状は、身体のあらゆる場所にあらわれ又その部位も変化していきます。身体表現性障害の症状の原因が身体の中にはないことを説明しても、それを受け入れることができない患者も多いです。その結果様々な病院を渡り歩き、精神科の治療を受けるのが遅れてしまい日常生活を送るのが難しくなる方もいるのです。身体表現性障害になる患者は、女性の方が男性より多く若い30代になる前に発症することが多いです。アメリカ精神医学会が定めた身体表現性障害の種類は、30歳前に現れた痛みや不調が長期にわたって続く身体表現性障害、随意運動機能や感覚機能に欠陥が出る転換性障害、痛みの理由がないのに長期間疼痛が続く疼痛性障害、重病にかかっているという恐れを抱く心気症、自己の容姿に過剰なまでの劣等感を持つ身体醜形障害があります。

様々な症状

身体表現性障害の症状とは、頭や手足、腹部、関節などあらゆる部位に痛みを訴えることがあります。痛みが起こるのも、月経時や排尿時など様々で捏造されたものではないのです。胃腸に症状が出る場合は、吐き気や下痢、げっぷが出る人もいます。他に脱力感やふらつきなどの神経的な症状が現れる人もいます。これらの症状の原因がひとつに特定できることは少なく、ストレスなどによるものとも言われています。しかし治療するためには、身体症状の原因となる病気が存在していないことを患者に確認してもらうために内科や外科などで受診してもらう必要があるのです。そこで身体的な病気が存在していないことが証明できても痛みや吐き気などの症状がなくならかった場合に身体表現性障害と診断することができます。治療するにはまず患者に痛みなどの身体的な症状の原因が存在しないことを納得してもらい、症状が軽い場合は普通の日常生活に戻るようにしてもらいます。治療法には、抗うつ剤などを使用する薬物療法と症状が軽くなる行動を促す認知行動療法、ストレスをコントロールする精神療法があります。